動画配信と今後のテレビ番組について

ネットが普及した事によってどんな場所においてもコンテンツを楽しむ事が出来るようになりました。それまで娯楽の王様と呼ばれたテレビ番組は近年視聴率が下落傾向にあり、ネットの普及が原因ではないかとまで言われています。確かに決まった時間に放送されるテレビ番組よりも自分の自由なタイミングで楽しむ事が出来るネットの方が快適に感じます。テレビ局ではネットの普及に伴い過去に放送された番組をオンデマンド配信する事によって集客に努めていますが時代に乗り遅れた感は否めません。
将来的にネット環境があるというだけで受信料を徴収されるような気配がありますが、それを推し進めていく為にはネットでのリアルタイム放送の解禁が必要とされます。デジタル放送に切り替わりもうすぐ3年となりますがネット回線が無ければ双方向サービスを展開出来ない現状ではこれ以上の進化を期待する事は出来ません。フルハイビジョンから4Kへとより高画質な放送を楽しむ事が出来るようになり家電メーカーは販売推進を行っているようですが不景気な今の現状を考えると新しいテレビを購入しようと考える人より今のテレビを大事にしようとする人の方が圧倒的に多いと思われます。ユーザー視点で考えない限り視聴者は減る一方になってしまうという事を自覚しなくはならないのではないでしょうか。一日も早いテレビ番組のリアルタイムでの動画配信を期待しています。